ブラックリスト 

ブラックリストに載ったか調べる方法の紹介。また、過去ありだけを理由に否決しない金融 あなたの再出発を応援する金融の紹介も。


賢いカードの使い方
大手
の金融

管理人お薦め!!
 

大手の金融なら、有名で安心!! オススメ

サイト内キーワード検索

HOME

前へ
次へ
  ブラックリスト 低金利の金融 不動産担保
ローン
緊急でお金を数万円手に入れる 債務整理の
無料相談

無利息期間あり

 
  郵送物なしの消費者金融 大口融資 学生 ヤミ金融対策 借入
しはじめの方

電話連絡なしの消費者金融


 
<
はじめての
消費者金融
マイカーローン クレジットカード
で得する裏技
法人・自営業向け
クレジットカード

VISAデビット
カード

住宅ローン >
  独自審査の
金融
グレーゾーン
金利
否決の理由 ローンの金利を下げる方法 借入
慣れている方

貸付停止の
金融


 
  金融Q&A 金融役立ち情報 正しい弁護士の
選び方
 
保証人の紹介    
カテゴリ別一覧
過去のある方
向け
借入慣れている方
借入しはじめの方

自営・未成年高齢外人・水商売

役立ち情報
提携業者一覧
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録   はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録   Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加  メルマガ登録

関連ページ 

ブラックリストに載ってしまったか調べたい
お金を借りたら、自分の情報がどんなところに登録されるのですか?

借入が増えてきて、多重債務者一歩手前かも・・・ ブラックリストに載ると、もうサラ金から借金することは限りなく難しくなります。
また、身に覚えがない場合でクレジットカードの審査が通らない・住宅ローン融資が通らない場合など、個人の信用情報を確認しておく必要があるかもしれません。

「借りすぎ、貸しすぎ」を防止するため、利用者の支払状況に関する客観的事実の情報を会員である消費者金融会社などから収集し、その情報を登録するのが「個人信用情報機関」です。

そうした個人信用情報機関は、消費者金融業界のものも含めて、次の5系列の情報センターがあります。

(株)日本情報センター(略称JIC)は、消費者金融系の全国33の個人信用情報センターの連合体として設立された「全国信用情報センター連合会(略称・全情連)」のCRINにおける窓口機関です。33センターは、それぞれ独立した法人として運営され、主に消費者金融会社が加盟しています。

2 全国銀行個人信用情報センター全銀協(銀行系)

3 株式会社シー・アイ・シーCIC(物販系)

4 (株)セントラル・コミュニケーション・ビューローCCB

5 テラネット(銀行系)

消費者金融業者が利用しているのは、もっぱら「全国信用情報センター連合会」加盟の33の個人信用情報センター(以下、情報センター)であり、情報センターは、顧客の消費者金融の利用に関する客観的事実の情報を会員からの情報に基づき登録しています。これを会員の業者に参考資料として提供するわけです。

銀行は個人向け金融が儲かるという情報を嗅ぎつけ、消費者金融を始めようとしたのですが、全情連に加盟できません。そこで全情連の個人情報をのぞける、テラネットを立ち上げました。このテラネットのおかげで、銀行も消費者金融を始められるようになりました。テラネットの設立は、サラ金業者や一般市民にとって、かなり都合の悪い事態です。せっかく今まで集めてきた全情連の個人情報がテラネットに駄々漏れになり、サラ金で借金がある人は、銀行で住宅ローンを組めなくなりました。(銀行はサラ金で借金している人にはお金を貸したがりません)

各信用情報機関での情報の交換

多重債務等の防止目的により CIC−全銀協−全情連 の三者相互間で 延滞等の事故情報の交換を行っており、CRIN (クリン) と呼ばれています。
http://www.cic.co.jp/company/crin.html
CRIN 付きで開示した場合、他機関の登録は事故情報以外載っていません。 申込や与信照会記録等を知りたいときは各機関を開示するとわかります。

テラネット(Tera) ←→ 全情連(STARS)(PRIS)(CRDB) 間 情報交流
[テラネットから全情連へ]
(Tera)………本人を特定する情報、取引の形態に関する情報、取引の内容に関する情報
破産申立等の一部参考情報、照会状況、消費者申告コメント情報
[全情連からテラネットへ]
(STARS)………本人を特定する情報、取引の形態に関する情報、取引の内容に関する情報
破産申立等の一部参考情報、照会状況、本人申告コメント情報
(PRIS)………官報に公告された公的記録情報
(CRDB)………電話番号から本人を確認するための電話帳掲載情報等


どうにも難しくて、よくわからないという方へ 

「なんだか情報機関とかいろいろあってよくわからないんだけど、ブラックかどうか知りたい。」という方へ

一番確実な方法として、もう「全部開示」する、というのが良いと思います。CRINとかってよくわからない、というならば、とにかくCRINもセットで開示すれば良いです。
各情報機関に直接出向いて開示する方法と、郵送で開示する方法があります。500円とかお金がかかります。(手数料)

情報機関名

開示方法のページ

郵送にかかる値段

CRIN

全情連

開示を予約制としている情報センターもございますので、予約の要否及び必要書類等の開示手続きの詳細につきましては、必ず事前に最寄りの情報センターへお問合わせ下さい。例:東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城 (株) ジャパンデータバンク 
開示方法のページはこちら(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城)←郵送【開示請求書】PDFファイル有

600円
(切手)
最初からCRIN情報つき(というか、全情連の異動情報がCRINとして流れる)
全銀協 本人開示の手続き 詳細は、必要書類・手続きの方法、「【開示申込書】(郵送用)」等は、それぞれ取り出すことができます[PDF]。 お読みいただき、必要書類をご準備のうえご郵送下さい。 800円
(定額小為替証書)
最初からCRIN情報つき(というか、全銀協の異動情報がCRINとして流れる)
CIC トップページの右上メニュー→【個人信用情報の開示】を選択。【信用情報開示申込書】PDFファイル有 900円
(定額小為替証書)※定額小為替証書は、郵便局で発行しています。
信用情報開示申込書で、【当社と提携する〜(CRIN情報)についてお調べしますか?】の調べるに○を付ける。
CCB 情報開示 ページ内に 【クレジット情報開示申込書】PDFファイル有 500円
(小為替証書) 郵便局発行
----
テラネット 開示窓口のご案内 直接行く場合には、全情連に行きます。テラネットの個人信用情報の開示手続きは、全情連に業務委託しております。
予約制とさせていただいている情報センターもございますので、事前に各地の全情連加盟情報センターへお電話にて手続き方法をお問い合せ下さい。なお、本人確認が困難であるため、電話での開示は行っていません。
※開示請求書は、全情連加盟情報センターのHPからダウンロードできます
(全情連の開示請求書で、テラネットに○を付ける)
例:開示方法のページはこちら(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城)←郵送【開示請求書】PDFファイル有
600円 ----

 

情報機関名 郵送先

開示情報の見かた

全情連 最寄りの全情連情報センターにお申込みください ---
全銀協 必要書類等をセンター(東京・大阪)に郵送いただき、センターから本人開示書面を配達記録郵便でご自宅に郵送 登録情報開示報告書の見方について [PDF]
CIC 最寄りの「開示ご相談コーナー ---
CCB 〒162-8444
東京都新宿区神楽河岸1番1号
セントラルプラザ7階
株式会社シーシービー 消費者部
---
テラネット 最寄りの全情連情報センターにお申込みください ---

 

持っていくもの

1.本人証明物(詳細は各HP参照)
2.印鑑
3.手数料
ひょっとすると、他にもあるかもしれません。事前に各情報機関にてご確認ください。

郵送の場合には、その他書類【情報開示申込書】も必要です。(当然か?) 
【印鑑登録証明書】が必要なケースもあるかもしれません。事前に各情報機関にてご確認ください。

直接行く場合の効率的なまわり方

東京 
JR:新宿(CIC)→飯田橋(CCB)→大手町(全銀協)→東京→浜松町(全情連、テラネット)
の順で巡回(またはその逆)。朝一でいけば午前中には全て終わる。
※午後から回るなら、お昼も開示受付をしている全情連から回ると良い。(他は昼休みアリ)

地下鉄:浜松町(全情連、テラネット)→御成門[三田線]→大手町(全銀協)→
       東京[東西線]→飯田橋(CCB)→[南北線・丸の内線]→新宿三丁目・西新宿(CIC)

関西 桜ノ宮レンダース(テラネット)→北新地or西梅田(CIC(→淀屋橋or北浜(CCB)
→谷町4丁目(全銀協)、こんな感じで回れば午前中でOK

 


自分の情報を、確認することができますか?(サラ金・クレジットカードブラックリストの確認方法)

情報センターに登録されている自分の借入状況について知りたい時、疑問を持った時など、情報センターで登録内容を開示してもらい確認することができます。
各情報センターでは、「信用情報ご相談センター」を設け、消費者金融の利用者から請求を受けた時は、本人であることを確認したうえで、その情報を開示しています。
自分の情報について、登録されているのかどうか、登録されているのならどんな内容か、間違って登録されていることはないのか、などを知りたいときには、最寄の情報センターに問い合わせてみることができます。その際、本人であることを確認できるもの(運転免許証・旅券など)が必要で、開示費用は原則無料です。
万が一、登録内容が事実と異なる場合には、情報センターでは異議申立に基づいて情報内容を調査のうえ、誤りであることが判明した場合には訂正、削除する等の適切な措置をとることになっています。登録情報の開示請求は、年々増加の傾向にあります。

信用情報の登録期間

個人データは永遠に残るわけではありません。それぞれ決まった期間・期限があります。この期間を過ぎれば、ブラックリストから解除されます。(自社ブラックを除く)

・照会情報(借入の申し込みがあったので調べた) 3〜6ヶ月
・成約情報(契約した貸付内容・形態) 契約中
・残債情報(最新入金日・残高) 毎月更新
・完済情報(すべて返した) 5年

いわゆるブラックリスト事故情報ネガティブ情報などと呼ばれるのが「異動情報」です。

・延滞情報(61日〜90日以上、返済が遅れている) 完済後5年
・延滞解消(延滞した分を支払った) 30日
・延滞完済(遅れたが、すべて返した) 5年
        (完済に伴なう延滞解消情報) 1年
・代理弁済(本人以外の人、または保証会社が返した) 5年
・償却(自己破産、本人不明、本人死亡などにより回収できなかった) 7〜10年

借金には時効があるのですが、業者から返済の催促があれば、その時点で期間が延長されるケースなどがありますので、正確な異動情報情報開示を行わなければ調べることができません。




ブラックリストを消す方法はありませんか?

あります!! いえ、昔はあったようです。過去に信用情報機関のサーバーに進入してデータを改ざんするという手口があったようです。結局足がついて、逮捕されたという話です。最近はそういう話は聞きません。もしも、「ブラックリスト消します」なんていう話があった場合には、詐欺を疑った方がよいと思います。

もう本当に今月は返済ができそうにない・どこからも借りられないという方は、もう返済不能!?を参考にしてみてください。

お急ぎで今すぐ融資が必要な方は即日融資(スピード融資)の消費者金融をご覧下さい。

土日祝日でも借りられる金融はこちら>>

電話連絡なしの金融はこちら>>

郵送物なしの金融はこちら>>

収入証明不要の金融はこちら>>

事業者ローン ・ ビジネスローンはこちら>>

まだまだ有ります!>>関連ページ:過去ありだけを理由に否決しない金融はこちら>>

関連ページ:再出発を応援する金融はこちら>>

一日も早く、あなたが借金返済の苦しみから解放されますように!!!


お申込み&詳細は今すぐ上のリンクをクリック!!

お申込みはカンタン!いますぐ!

当サイトと提携している消費者金融業者・キャッシング・クレジットカード会社
当サイト提携の消費者金融業者一覧はこちら>>

ブラックリスト特集

 

もう返済不能のかたはこちら>>

借りれた情報があれば、ぜひ掲示板(トップページ左上リンク【情報交換BBS】)まで。必ず皆さんが助かります。
@With 人気Webランキングに参加中です。 記事が面白かったら、クリックで応援をお願いします。
貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。
     
 

[▲最上部へ移動]

 
このサイトが役立ったら、今すぐクリック!!m(_ _)m JapanDeepランキング@With 人気Webランキング

お勧め業者|アイフルアコムSMBCモビットプロミス提携業者一覧

 利用規約 サイトマップ 運営者情報 お問い合わせ  Copyright(C)賢いカードの使い方 All rights reserved.

当サイトの文章の無断コピー・転載を禁止します パクリ発見


一日も早く、あなたが借金返済の苦しみから逃れられますように!!! あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように!!!  

§LUNA§ TOPへ